★ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--/-- --:--:--  スポンサー広告/CM(-)/TB(-)/

★ 出石で蕎麦。

RIMG7905.jpg
久しぶりに出石へ。
同じ近畿とはいえど、デカイ兵庫県は大阪から、また兵庫南部からはかなりアクセスが悪い(約3時間)。

RIMG7895.jpg
この界隈には皿蕎麦を出すお店が軒を連ねる蕎麦の街。
わんこそばとは違って、一度に5皿出てくる。一皿はだいたい1口から2口のボリューム。

RIMG7899.jpg
お出汁はカツオが効いた、讃岐の長田in香の香に似た感じ。ここの出汁は好き。

RIMG7901.jpg
追加は一皿130円。讃岐なら一人前で100円程度だが・・・追加で5皿、計10皿完食。





RIMG7904.jpg
オマケ。



banner_01.gif
明日から東京出張です。
今回は長期なんで、時間作ってみなさんにお会いしたいです。

スポンサーサイト
2009/09/27/Sun 22:00:33  GOURMET/CM(-)/TB(-)/

★ 武奈ヶ岳20090920


連日連夜のハードな仕事が続くなか、やっと訪れたシルバーウィーク。この連休は晴れの日が続くと言うことで、体のことも考えて近場の比良山系へ。
RIMG7877.jpg
最近ちょっと涼しくなってきたし、紅葉はどれぐらい進んでいるか気になっていたが、ほんのり一部分だけ色づいた感じ。
RIMG7819.jpg
長く辛い、植林の急登をなんとか登りきると、真正面に武奈が現れた。開けた稜線上のトレイルは気持ち良い。釈迦ヶ岳のトレイルに似てる。今日はかなりの強風で、登りで熱くなった体を適度に冷やしてくれるが、立ち止まると身震いが起きるほど。それにしてもよく晴れていて気持ちよい。
裾野にはブナ林が広がっていて、本格的な紅葉のシーズンには見事な金色の絨毯が見られそうだ。
RIMG7844.jpg
頂からは琵琶湖のほぼ全容が見渡せるほどの360°のパノラマビューだ。琵琶湖の奥には伊吹山もはっきり見えた。南には琵琶湖バレイの蓬莱山。あそこはロープウェイで上がれるのか・・・
今回仕事の疲れも溜まりきった状態で山に来てしまったのでイマイチ調子が上がらず。おまけにMYKはお盆の北アで痛めた足首が完全に治っておらず、スカルパのブーツを購入して挑んだにも関わらず撃沈。ブーツでの歩き方がマスター出来ずに下りで足を引きずる始末。
途中からダブルザックで下った。

今回もVelox Compにお気に入りのEnvoy Shirt SSを合わせた。汗はやはり大量にかいて濡れてしまうのに、シャツを着ていると体幹が冷えない。しかも、冷えないうちに中で乾いてしまう。素材自体撥水が強いから汗も染みない。なのに、透湿性がかなり優れていて中のウエアを短時間で乾かしてしまうように感じた。
フーディニだとそれ自体にも汗が染みたりして、しかも長袖なので歩くと暑過ぎる場合がある。
もっと寒い時期なら、長袖のキャプ3なんかをベースに半袖のEnvoy Shirtを合わせると着たり脱いだりの手間が省け、しかも快適に歩けそうだ。






banner_01.gif
連休中、もう一回は歩きたい。
2009/09/20/Sun 22:54:56  HIKE/CM(-)/TB(-)/

★ 冬支度開始

Arc'teryx Gamma AR Pant

秋~厳冬期に対応する超ストレッチ素材のソフトシェルパンツ。
裾にはフックが付いていて、ブーツの紐に引っ掛けて捲くれ上げが起きないようにできる。
かなり細身のシルエットだが、4方向に伸びるストレッチのおかげで動きに全くストレスが無い。
素材自体Gamma LT Pantよりも分厚いし重いが、立体裁断のお陰で着心地も抜群によい。
同じカテゴリーのパンツはpatagonia Lightweight Guide Pantsを持っているが、これよりも動きやすい(あんまりストレッチが効かない・・・)ので今年からはGamma AR Pantがメインになりそう。

Rho LT Zip
s-RIMG7616.jpg
パタのR1よりも薄手だが、よりカラダにフィットして動きやすいデザイン。
汗の吸収拡散にもすぐれていそうな素材で、寒い時期のハイクも意外と汗をかくのでよさそう。
しかしかなり薄いフリースなので、引っかけたりするとすぐ裂けそうで怖い。
この上にR1フーディなんかをレイヤリングすれば、広い温度帯に対応できそうだ。










殺人級の忙しさの為、お盆以来山に行けていない。
多分しばらくこんな状態が続きそうなので次の山は完全に秋色の山かな・・・(泣)

キリッと澄んだ空気のなか、赤く染まった山の風景をのんびり見ながらハイキングしたい。

鼻が冷たく、吐く息は冷たい夜空に満天の星を見ながらキャンプしたい。

霧氷と、霧氷が地面に落ちて真っ白な登山道をサクサク音を立てながら歩いて、暖かいお茶を飲んで休憩したい。

静寂の雪原で、月の明かりに照らされながら乾杯したい。

そして、眠りたい。





RIMG1734.jpg







banner_01.gif
疲労はすでにピークを迎えております。
毎日アミノバイタルとアリナミンのお世話になる始末。

意地でも乗り切ってやる!!!!

2009/09/13/Sun 21:43:41  GEAR/CM(-)/TB(-)/

★ 夏の終わり


お気に入りの若狭の某浜辺にて。
久しぶりにSquall 2 を張ってのキャンプ。浜風が吹き抜けて気持ち良いが、まだまだ気温は高めのようで、夜中のテント内の温度は25度ほどあった。

RIMG7701.jpg

RIMG7736.jpg
本格的な秋まで、山はお休み。
鯖街道周辺の山にも、ほのかに色づいた葉が見えた。
秋の紅葉から初霜、霧氷を思いながら仕事に励む毎日。

あ~楽しみ!








banner_01.gif
初秋~早春の、山が最も目まぐるしく姿を変える季節がやってくる。毎年のことながら、今からワクワクしてきました。
その前に片づけるべき仕事が山の如く・・・・

2009/09/06/Sun 17:20:16  CAMP/CM(-)/TB(-)/
MAIN
copyright © 2006 戯山~tawamureyama~. All Rights Reserved.
Template by TAE-3rd☆テンプレート工房
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。