★ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--/-- --:--:--  スポンサー広告/CM(-)/TB(-)/

★ PETZL Compact Composit Trekking Pole

Produit_Image_654.jpg

元々は1ヶ月ほど前SHMWのタクさんに、「BDのカーボンポールってまだありますか?」と尋ねたところから、話が始まる。

「まだあるけど、petzlからヤバイの入るで~」

「は??petzl??」


petzlといえば、クライミングギアのセレブブランド。ヌンチャク一本4500円とかする、大人しか買えないブランド・・・

そのpetzlがトレッキングポールをリリースしていたことすら知らなかったが、

更にヤバイの(タクさん談)が入荷すると。

それが、これ。U74_1.jpg


skyhighbag550と同時に入手して、ハイキングに使う予定だったが、デリバリーが遅れて叶わなかったのが残念。

今もこうして、悶々としてググってみたりして気を紛らわしている。

というのも、お店がお休みなので・・・


以下、スペック

COMPACT COMPOSIT
Carbon fiber compact telescopic poles
Compact, telescopic and ergonomical, for approaches and for moving across snow on foot or on skis.

The COMPACT poles are made in 3 sections to reduce their size when packed. The Power Lock external adjustment system makes adjusting the poles quick and reliable

Technical specifications

Material: Carbon fiber
- U74 125 :
Length (min/max): 105 - 125 cm
Packed size: 64 cm
Weight (pair) w/o basket: 398 g
- U74 140 :
Length (min/max): 105 - 140 cm
Packed size: 71 cm
Weight (pair) w/o basket: 426 g
Tightening system: Power Lock
Baskets: winter & summer
Tip: Vario FlexTungsten/Carbide Long (star shaped)
Strap: Spacer Touring Strap
3-year guarantee

一本あたり200gをギリギリ切るライトウエイト。

東京に出張中、高田馬場のカモシカスポーツで現物をチェックしたが、

確かに軽く、剛性もしっかり有。

グリップ下のサブグリップ(呼び名が合ってるか自信無し)付き。

最大の特徴は、BDと同じロック機構。

形は似ているが、よりコンパクトでしかもロック/リリースが簡単。

BDのは硬い!!頑丈そうではあるが。



トレッキングポールも2セット目。

最初から良いものを選びたいものです。


banner_01.gif
週末はこれ持ってどこへ行こう。



スポンサーサイト
2008/11/26/Wed 22:00:29  GEAR/CM(-)/TB(-)/

★ Sky High Bag550 SPDX860FP

P1010118.jpg

はりきって23日の発売日当日、SHMWへ。

夕方、無事に入手して、早速テストするために明神平の登山口「大又林道終点」へ向かった。

到着時間が遅かったため、その日のうちに明神平にハイクアップするのは中止して、

林道終点の駐車場でキャンプすることにした。

今回は初心者の連れがいたので、pandamanにお願いして、BDのファーストライトをお借りした。pandamanありがとう!!

設営がものすごい簡単でびっくりした。さすがシングルウォールの自立型。

大又林道終点はすぐ横に川が流れていて、湿気も十分。晴れていて、キレイな星が眺められたにもかかわらず、
地面はシケシケ。湿度がかなり高いらしく、テント内もすぐに結露が付いてきた。

チャイを飲んで、梅酒のお湯割りを飲んでマッタリ・・・

早速Sky High Bag550 に潜りこむ。この時の気温、+5度。テストするには暖かすぎるか・・・・

放射冷却が始まらないのは、翌日の天気が悪化する予兆か。

翌日のハイクに備えて、早めの就寝。

寝るときのレイヤリングは、パタ ウール2、R1フーディ、フーディニ、下がR1パンツ、アークテリクス ガンマLTパンツ、靴下はスマートウールのもの。

念のため、モントレイルのテントシューズも履いていたが余計だった。

初冬のキャンプでいつも寝るときに寒い思いをしていたコールドスリーパーなので、どれだけあったかいのかワクワクしていたが・・・


結果は予想以上!!

860fpの実力もさることながら、nano素材の撥水性の凄さ、止水ジッパーの使勝手の良さ、もちろん水滴の影響は皆無。

シングルウォールのテントで河原でキャンプをしたら、そりゃあもう結露シマクリな状況なのに、

水分の影響でロフトが潰れることもないし、冷えることも全くない。

隣で寝ていた連れは、モンベルのULSSダウンハガー#1だったが、水分を含んでしっとり冷たく、且つ重たくなっていた。

注文したサイズはレギュラー。しかし入ってみると長さがちょっと足りないかな??と思うぐらいぴったりサイズ(身長171センチ)。

こんなにも全身ぬくぬくで眠れたのは初めてかもしれない。

しかも重量は公式には発表にはなっていないが1キロを切っていて、コンパクトさにおいても#1より小さく収納できる。

凄いシュラフが世の中に生まれたもんだ。


冬のキャンプが益々楽しくなる。



banner_01.gif
タクさん、これスゲーっす!!!
2008/11/24/Mon 23:56:11  GEAR/CM(-)/TB(-)/

★ totes Umbrella TITANIUM Reinforced

P1010114.jpg


最近お気に入りの折り畳み傘、totes。

折り畳みなのに、ワンタッチで開いて、ワンタッチで閉じることができる。


雨の通勤時、さっと閉じてスタッフサックにしまえば、寝過ごして慌てて電車から降りても傘を置き忘れたりしない。はず。

P1010117.jpg


骨格にチタンを使用しているのも、そそる要素。



■サイズ (親骨の長さ)約55cm
(使用時)直径約100cm、柄の長さ約54cm
(折畳み時)約28cm×5cm×5cm
■UVカット率 95%以上
■重量 約300g
■材質 (生地)ポリエステル100%
(柄)スチール
(骨)アルミニウム、チタン、FRP
■備考 ボタン1つでワンタッチ開閉の折畳み傘
3段自動開閉タイプ、骨8本


ノーテントスタイルにも必須!!


banner_01.gif
3連休のご予定は??
2008/11/20/Thu 23:37:26  GEAR/CM(-)/TB(-)/

★ SUNNTO Core All Black

画像 008


ヨド○シのポイントでお得にお買い物。MYKに感謝。


このシリーズはずっと気になっていたものの、手が出せずにいた。

でも早速お気に入り。



文字盤やストラップをブラックで統一したモデル、アウトドアはもちろんビジネス、タウンユースにも適応するデザイン。
●高度計機能/高度計機能(高度測定範囲-500m~9000m)、垂直上昇・下降率差異測定、ログブロック、記録インターバル(20秒、60秒、10分、60分)
●気圧計機能/海抜面気圧表示、高度・気圧計7日間自動メモリー
●コンパス機能/測定単位(1度)、ベアリングトラッキング、コンパス調整機能
●クロノグラフ機能/ストップウォッチ
●時計機能/12・24時間表示切り替え、アラーム
●その他機能/高度計・気圧計オート切り替え、言語切り替え(英語、ドイツ語、フランス語、スペイン語)、日の出・日の入時刻表示機能、バックライト、ボタンロック


VectorのプレミアムモデルCoreは、高度計、気圧/温度計、電子コンパス機能に加えて
、水深計、日の出/日の入時刻表示、
さらに急激な天候の変化を知らせるウェザー・アラーム機能などが追加された本格的なアウトドアスポーツウォッチです。
また国際的デザインコンペティションであるドイツの「レッド・ドット・デザイン・アワード:プロダクトデザイン2008」で、
全ての工業製品の頂点となる最高賞「レッド・ドット・デザイン・アワード:ベスト・オブ・ザ・ベスト」を受賞し、世界的な評価を獲得しています。
/3気圧防水性能/高度計機能 / 気圧計測機能/クロノグラフ機能 / 時計機能/コンパス機能/高度計/気圧計オート切替スイッチ/言語切替(英語・ドイツ語・フランス語・スペイン語・日本語)/日の出・日の入り時刻表示機能/バックライト機能 / ボタンロック / 水深計(10mまで)/表示(高度、気圧、温度計)変更機能/ユーザー交換可能バッテリー

--------------------------------------------------------------------------------
製品概要・仕様
サイズ : 50×50×15mm
重量 : 63g
本体 : プラスティック合成
ストラップ : ウレタン




banner_01.gif
冬将軍到来!!
2008/11/20/Thu 00:02:30  GEAR/CM(-)/TB(-)/

★ MAGIC MOUNTAIN NANO TECH SIT MAT

P1010091.jpg


見た目はかなり恐竜チックっていうか、爬虫類系でグロい。

ハイキングや外岩クライミングに連れて行きたくなる、
っていうより思わず「置いて行きたくなる」凹凸パターン。



畳んだときのコンパクトさは他製品より優れていそう。

なにより、値段が安い(¥840)ので。



リムピッドは超微細な「シリカ」粒子と「シルバー」
粒子を結合させたナノテクノロジー新素材。シリカ
の脱臭性と抗カビ性、シルバーの抗菌性を合わせ
持つ特性がメッシュに施されています。
●素材/フォーム(EVAポリウレタン)、貼付材(ポリエステルメッシュ)
●サイズ/38×31×0.8(㎝)、折りたたみ時31×9.5×3.2(㎝)
●重さ/44グラム



banner_01.gif
風邪引いてもた。
2008/11/17/Mon 21:20:05  GEAR/CM(-)/TB(-)/

★ ARC'TERYX NAOS55 追記

CIMG1607.jpg


重量こそ最近のウルトラライトパックには全く及ばないヘビーウエイト(2000gぐらい)。


しかし、その重さが気にならない背負い心地。

稼動式ウエストハーネスと、ショルダーハーネスのバランスのよさ。完璧に肩と腰に加重を分散させられる。

背負っていてパックの重さを感じないってことは、楽にハイクアップできるって事。足には来ますが。


完全防水なのも安心な要素、中身は絶対濡れない。

パックが濡れても、重量が変わらない。
防水でないパックは、中身にドライバッグやビニールなんかで濡れ対策しても、パック自体が濡れて染み込んだらかなり重たくなるし、当然翌日のハイクでも不快な思いをする。

本体重量のデメリットを差し引いても、余りある性能があるパックだ。

天蓋を取り外せるのもいい。デイハイクに出かけるときは、必要ないので。


e0129083_2172757.jpg

photo by pandaman


CIMG1592.jpg
おまけ。
アーク銀座店内のレリーフ。





banner_01.gif
充電が必要です・・・
2008/11/10/Mon 00:39:14  GEAR/CM(-)/TB(-)/

★ GRIVEL Monster glove グリベル モンスター グローブ

P1010046.jpg


南堀江のUTILITY購入。

連日深夜まで仕事で疲れすぎて、早起きして山に出かけられん。

今は「エア」アウトドアしかできないが、気分だけでも。


GRIVEL Monster。

見た目、こんなにもハードコアなグローブなのに、手のひら側にもラバーの滑り止めがついていて、

割と繊細な作業もできる。

トレッキングポールとの相性もよさそう。


なによりこのド派手なグリベルカラーにやられた。

ネーミングもストレートで好き。モンスターやて。



banner_01.gif
充電切れ。

2008/11/10/Mon 00:04:07  GEAR/CM(-)/TB(-)/

★ 大峰・弥山~八経ヶ岳 08・11・2~3

bp-hiroさんのブログでもよく登場する、
熊渡りから入山する弥山川双門ルートでハイキングしてきました。

メンバーはbeさんpanda夫妻erokachou、俺。

CIMG1692.jpg

スタートは8時。ちょっと遅めだったことに、後で気が付く。

CIMG1696.jpg
水無川状態の川。砂利が敷き詰めてあって、干上がった川のようだが、地下ではちゃんと水が流れているらしい。

CIMG1704.jpg
少し上流に向かうとこんなに豊富で美しい水!!岩陰には岩魚が。でもここは禁漁区なので注意。

CIMG1706.jpg
沢の巻き道がとにかく多くて、たびたびこんな足場が登場する。

全体的に設置年月が相当経っているらしく、強度的にも不安ですが、
切り立った絶壁に施工されているので・・・・

CIMG1708.jpg
こんな攻撃があるらしい。

実際、破壊されて作り直されていた箇所も多数。

CIMG1717.jpg
CIMG1722.jpg
渡渉と危険な足場の繰り返し。

道程の先々にはこんな絶景が待っている。越えて来れた者達だけが出会える特権。

CIMG1734.jpg
CIMG1748.jpg
CIMG1755.jpg
CIMG1757.jpg

垂直に連続して登場するハシゴや、足場無しのフリーソロ的な場所が続く。よく考えたら相当ハードなルートだが、今回のパーティはクライミング経験者ばかりなので問題なし。写真を撮る余裕は無いですが。

CIMG1764.jpg

CIMG1769.jpg

アドベンチャー!!!

CIMG1770.jpg
狼平15時着。もうへとへと。しかしbeさん、「弥山まで行こや!こ一時間らしいで!」元気いっぱい。

スタート時に一番テンション引くかったん誰やねん!!

今度は我々がテンション低めで弥山まで登り返す。
CIMG1771.jpg
CIMG1772.jpg
山頂の祠

テントを張る頃にはもうあたりは薄暗くなっていた。

CIMG1777.jpg
NO TENT TODAYを貫くerokachouのツェルト、ファイントラック・ツェルト2

CIMG1778.jpg
beさんのシャングリラ1

CIMG1779.jpg
panda夫妻のBDファーストライト

CIMG1780.jpg
CIMG1784.jpg
晩飯は白米に中華丼の素×2、茹で上げソーセージ、チキンラーメン

CIMG1785.jpg
テン場は稜線にあるので、風が強い!しかもご来光をテントの中から拝むために東向きに入り口を向けて立てたが・・・翌朝は濃いガスと小雨の残念な天気。

CIMG1787.jpg
こんな有様。

CIMG1791.jpg
八経ヶ岳着

CIMG1794.jpg

山頂にはこんなツワモノ達が!!

CIMG1796.jpg
ここからはbeさん、erokachou組はランでスピードハイク。

俺達はのんびり下山。
なぜか発症した左膝痛に悩まされながらも、

CIMG1799.jpg
CIMG1805.jpg
CIMG1806.jpg
前日は見られなかった紅葉に癒された。

今回のメンバー、実は一度に入山するのは初めて。各々別々にパーティを組む事はあったが。

このメンバーでハイク&クライム・キャンプできたのが実は何より嬉しかった。

CIMG1729.jpg
ありがとう!!




banner_01.gif
充電完了。
2008/11/03/Mon 22:18:15  HIKE/CM(-)/TB(-)/
MAIN
copyright © 2006 戯山~tawamureyama~. All Rights Reserved.
Template by TAE-3rd☆テンプレート工房
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。