★ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--/-- --:--:--  スポンサー広告/CM(-)/TB(-)/

★ スカイハイ・リードクライミング講習最終回

全3回のクライミングスクールも、今回でファイナル。

思えば色々な経験や思い出が残りました。

応募人数が少なかったのにも関わらず、開催していただいたタクさんに感謝です!!



ファイナルということで、まずは支点の作り方。地上30mの断崖絶壁の上での講習。


CIMG1055.jpg


CIMG1056.jpg
CIMG1057.jpg

CIMG1058.jpg


CIMG1059.jpg


CIMG1060.jpg


またも熱いトークのタクさん。我々も真剣に聞き入ります。

実際、「間違った方法」で支点を作ったら命にかかわります。

なので、写真には解説を入れません。見様見真似ではトライしないで下さい。当ブログでは責任は負いかねます。


頂上から懸垂下降でテラス3段分の下降。高さ30メートル。
慣れると楽しい!!ロープがあれば、どこでも出来そうです。


昼食を挟んで、今日のメイン、「コズミックライン10a」トライ!!
CIMG1113.jpg


若干薄被りのうえ、2段目のテラスから海方面に突き出たカンテを登る。

実際、海面から考えると、海抜900m近い場所で登ってるのでスゴイ高度感!!

カンテからルーフへ移り、ルーフのクラックに手をかけるも、足が無い。

完全に宙ぶらりん。
CIMG1121.jpg


結局1手及ばず、全員敗退。くやしいです!!


次回まで待っとけ、次は必ず落としてやる!!


さすがはタク先生、スイスイ登って行きます・・・が、足元を見ると。


CIMG1140.jpg

アプローチシューズっすか。全く、超人です。


日も傾き始め、場所移動して、「架け替え」の練習。

最後はスラブのカンテ沿いを登る短いルートで終了。

CIMG1158.jpg


充実した全3回のクライミングスクールも、無事卒業??

8の字結びから始まり、ヌンチャクへロープを架ける向きなど基本的なことや、

支点の作り方、クライミングのマナーなど色々学びました。

忘れないうちに道具を揃えて、

岩へ行こう!!!


スポンサーサイト
2008/04/28/Mon 20:25:32  ROCK CLIMB/CM(-)/TB(-)/

★ 天保山セッション

今週末は忙しかった。


まずスカイハイのミーティングへ参加。



地図のお勉強でした。
CIMG1009.jpg


現役のお医者様の、アウトドアにおける怪我の対処法の講義を聞き、

続いてタクさんの山遊びの道具の講習。


そしてお楽しみ、宴会です。


憧れのbphiroさんにもお会いでき、嬉しかった~


長々、とりとめのない話で盛り上がるも、時計の針は午前2時・・・


とても収まりそうにないので、撤収。



お昼ごろ今度は笠置へ直行!!!

CIMG1015.jpg

ジャンピング・ヒール・フック

今回初めて、panda氏がハカセ氏に勝った瞬間を目撃。かなりレアです。

夕暮れまで遊んで、解散。

今度は家でウダウダしていたerokachouを拾って、

一路天保山へ・・・・

中華料理で送別会です。


CIMG1018.jpg


しこたま食った後、せっかくなので三人でプリクラなんか撮って盛り上がり、


観覧車乗って・・・・
CIMG1021.jpg

チュウを迫るkaji(満腹)、うんざり顔のerokachou氏


わ~い、USJ見えるや~んCIMG1035.jpg


CIMG1043.jpg

夜の海遊館、日曜の深夜ともなるとひと気もなく、静かです。

CIMG1049.jpg


波止場を散歩。

こうして怒涛の2日間が過ぎて行った。


しばらく離れるのは寂しいけど、心は常に一つ。

どうしても、どう、しても、どうしても~ダメだったら~帰っておいで~erokachou~



今日この日のことは、ずっと思い出になることでしょう。
2008/04/21/Mon 22:29:17  OTHER/CM(-)/TB(-)/

★ 第2回クライミングスクール~道場烏帽子岩~

CIMG0960.jpg


前回雨の為順延になったクライミングスクールの第2回目、

裏六甲烏帽子岩に行ってきました。


夕方から雨、との情報で、1時間繰り上げて8時集合。

CIMG0961.jpg



今回から、リードで登る練習とビレイの練習です。

CIMG0962.jpg



CIMG0979.jpg


CIMG0980.jpg


CIMG0981.jpg


CIMG0983.jpg


CIMG1008.jpg


ここでも驚異的な強さを見せたS嬢。

男衆二人が完登を果たせなかった2課題を落とす勢い・・・・

中でも最終課題の「ゴールドフィンガー5・10a」、ノーテンで一撃には、正直ビビリました。


男衆(へたれ)は2テン3テンでハングを越えられず。


王子が岳での快進撃は、本物でした!!!


CIMG0997.jpg


次回は2週間後・・・・見とけよ!!!(負け犬の遠吠え)


2008/04/14/Mon 20:00:10  ROCK CLIMB/CM(-)/TB(-)/

★ タープテント試し張り~ロケ地、御手洗~

ものすごいスピーディにデリバリーされ、手元に到着したタープテント
CIMG0939.jpg

設営はリア側に一本ポールを挿してアーチ状にして、前後で細引きでテンションかけるだけ。

5分かかりません。
デカイだけあって居住性は抜群で、頑張れば3人寝れます。

荷物をテント内に収納してもかなりの余裕がありそうです。

両サイドには張り綱用のループが。

細引きで引っ張ったほうがシルエットも雨にも強くなりそうです。


CIMG0946.jpg



なんにせよ、熱いのがイーストンのペグとポール!!

MTBのハンドルバーなんかが有名ですが、まさかこんなところでイーストンユーザーになれるとは・・・

ブルーのアルマイトカラーがいけてます。
しかも激軽。
CIMG0947.jpg



CIMG0949.jpg



細引きの処理も機能的。

CIMG0948.jpg
2008/04/11/Fri 00:08:34  GEAR/CM(-)/TB(-)/

★ 翌日のテントセッション(笑)

第一期生の先輩方と、リードの練習をしてきました。
CIMG0934.jpg



さすが、皆さん卒業生!!勉強になりました。

CIMG0929.jpg

CIMG0932.jpg


テントセッション

CIMG0937.jpg


終了後、みんなで中華料理・・・・腹飛び出るぐらい食いました。


本日のトライ、トップロープ2本

リードはルートの半分も行かれへんかった・・・・かなり慣れが必要です。

Eさん、Aさん、Yさん、そしてTさん、いっぱい笑わせて頂いてありがとうございました!!


そして登っている姿、全く撮ってなくてすんません。


ホンマに登ってた証拠がなくて。



また遊びましょう!!!
2008/04/06/Sun 22:19:53  ROCK CLIMB/CM(-)/TB(-)/

★ 第2回、テントセッション

テントセッション1



芦屋のショップ、スカイハイに集まるいつもの面子で、


オーナーの発掘した秘密のテン場へ行ってまいりました。


20時に自宅を出発して、高座の滝からのナイトハイキング。


ヘッドランプの明かりと、M氏のガイド(ホンマありがとうございました!!)でテン場を目指します。


1時間ほどのアプローチで到着。

テントセッション2



すでにセッション(宴会)はスタートしてました。


最近の山メシのマイブーム、ソレルオーネエスプレッソパスタで晩飯・・・


これ、下手なファミレスで出てくるパスタより、比べ物にならんぐらい美味!!!


テントセッション4



か・・カップラーメンもうまいっすよね!!

テントセッション3



いい天気で、昼間の陽気とは裏腹にグングン気温は下がり・・・

R1フーディ大活躍。この日、9人中6人着用。


テントセッション5



撃沈1名。チーン
erokachou、あっちの世界でも達者でな~


テントセッション6


テン場全景

テントセッション7


明くる朝、6時。目を覚ますとこんな光景です。

いつも一緒のこの二人。らぶらぶ。


テントセッション8


朝からパスタ。これはしばらく続きそうです。

朝食後、テン場から5分ほでのアプローチで未踏のボルダーエリアへ・・・


2つの岩の掃除をして、セッション!!


ここで大きな失敗・・・マイシューズと、デジカメ忘れました・・・


急斜面のスラブの岩、初登はエロカチョウに奪われてしまいました・・・。

なので課題のネーミングは彼のセンスで決まります。

俺は2トライ目で完登。




お店の開店時間が迫り、奥さんのカミナリが落ちそうにもかかわらず、

別の岩の課題を2つも落としたタク師匠。。。ある意味恐いもの知らず、

否、最強の男です!!


第3回目が楽しみです!!!
2008/04/05/Sat 19:38:11  CAMP/CM(-)/TB(-)/

★ 新しいテント、購入する。

微四度兄貴のブログを見ていて、ずっと気になっていたテントがありました。


タープテント1

Tarptent というメーカーのテントです。

タープテント2

squall2というモデル・・・


タープテント3


タープテント4


その名の通り、タープの端からバグネットが生えていて、

そしてバスタブ型のフロアに繋がっている。

入り口もフルメッシュ。

前室も作れそうです。

簡単で涼しくて軽いテントを探していたので、

コレはかなり、グッときました。


スペック


Sleeps   2

Weight   33 oz (940 g)

using trekking poles

Width    78/51 in(198/130 cm)

Length   94 in (239 cm)

Height    45 in (114 cm)

adjustableFloorArea    30-37 sq ft(2.8-3.4 sq m)

BeakArea  7 sq ft (0.65 sq m)

Stakes(included)  4

Packedsize  20 x 4 in(51 x 10 cm)

・・・・・Price $225

結構広そうです。

hex3も迷いましたが、キャンプ慣れしてない人でもコレぐらいなら許せるかな??と。

そして先ほど、微四度兄貴からメール。

「俺そろそろ頼むけどどないする??」


「お願いします!!!」

個人輸入です。

ひゃー、初体験。

といっても、微四度兄貴に100%頼ってますが。


宜しくお願いします!!





2008/04/01/Tue 22:35:10  GEAR/CM(-)/TB(-)/
MAIN
copyright © 2006 戯山~tawamureyama~. All Rights Reserved.
Template by TAE-3rd☆テンプレート工房
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。